キーワード検索:
 
カテゴリから検索
奈良市
生駒市
大和郡山市
天理市
橿原市
その他
TOMO市場
訴訟運動
利用者部会「あかつき」
安永健太さん支援裁判


※顧客情報の厳守

当サイトでは、大切なお客様の情報を守り、発送等の業務以外に用いません。第三者に流出するようなことは、絶対にございません。 安心してお買い物をして下さい。

きょうされん奈良支部からのお知らせ

■ JD:「自立支援法改正案」に対する意見 ■

2009.05.19     「権利主体としての障害者」の地域生活を支える法体系は

         障害者自立支援法改正案の検討から

                           日本障害者協議会
                              2009年5月19日

 2006年4月の障害者自立支援法施行から3年を経て、今年3月31日に「改正案」が閣議決定され、国会での審議が始まろうとしています。この間、障害当事者・家族の生活はさらに厳しさを増し、「否定される命」と言われる状況が復活してしまった、この法律は障害を個人の責任に帰した、などと批判されます。障害者自立支援法は、憲法14条の「法の下の平等」に反し、25条の「生存権」を侵害するとして、昨年10月31日には29名、今年4月1日には、さらに28名が訴訟を起こしています。

 日本障害者協議会(JD)は一貫して、「単なる見直し」や「法の枠内論議」に留まらない、「抜本的・解体的見直し」を視野に入れた論議が必要であると主張してきました。ここでは改正案の課題を以下の6つの視点に整理し、障害者自立支援法のみならず、これからの制度や法体系そのものを検討すべきと考えます。

1. 利用者負担と事業者報酬

 障害者自立支援法の最大の課題と言われたのが、1割の利用料を課す「応益負担」です。また、利用料に連動する事業者の報酬単価も低く抑えられ、月額計算から「日額計算」へと変わりました。この結果、費用負担が重く、サービス利用を控えざるをえない障害者の生活の質は著しく低下しました。

 サービス提供者も事業運営は困難を極め、閉鎖や縮小に追い込まれた所も少なくありません。低賃金・重労働が加速され、若者の「福祉離れ」は一気に進み、福祉人材の確保・養成は「壊滅的な打撃」を受けました。

「福祉財源の抑制」という新法の目的は、見事なまでに達成されたのです。それはすなわち、国際障害者年を機に積み上げてきた、障害がある人の尊厳や自己決定を尊重する地域の暮らし、それを支える基盤が根本から脅かされ、くつがえされてしまったことにほかなりません。

 改正案では、「応益負担を応能負担に」という大きな転換が示され、これは障害者運動の成果であると言われます。しかし、昨年12月の障害者部会の「報告」に、「相当程度応能負担的な性格のものに変わってきている」との記述があります。この時点の認識からも、改正案では「応能負担」と呼び方を変えただけで、実質は何も変わらないということにもなりかねません。

 そもそも十分な所得保障がない障害者に利用料を課す、食事や排泄など、「生きるための当たり前の営み」への支援を「利益」とみなすという、この法律の前提に大きな矛盾があることを主張し続けなければなりません。

 また、改正案では事業所の安定的な運営や収入については何も触れておらず、日額計算はそのままです。障害特性を配慮し、自己決定を尊重した、質の高いサービスを提供するには、やはり日額ではなく月額計算に改めることが必要です。日額計算の根拠とされる、「多様なサービスの選択につながる」との指摘は、まさに「詭弁」そのものです。

 選択を狭めている最大の原因は社会資源の乏しさです。選択したくとも限られたサービスしかないのです。利用者のニーズに応える多様な社会資源を整備するためには、事業所の安定した運営が前提であり、月額計算はその必要条件であると言えるでしょう。

 さらに、5.1%という報酬アップも、就労移行や地域生活への移行など、明確な成果が出た支援にのみ手厚く、障害が重い方の日中活動や就労継続の支援などは単価が低いままです。こうした「成果主義」ではなく、障害がある本人の生き方や自己決定に基づく個別支援の確実な実践こそが評価されるべきです。

 また、今回の改定でも、全労働者の平均賃金を大きく下回る給与水準であり、「良質な人材確保」は困難と言わざるをえません。大幅な障害関連予算の増額が必要であり、それにより社会基盤の整備を進めていくことが求められます。

 この応益負担や日額計算の導入は、「介護保険との統合」を視野に入れていたからだということを再確認しておくことも必要です。この「統合問題」に関しては、障害者の自立と社会参加の制約が危惧されるなどから、JDは「現状の介護保険との統合には問題が多い」との立場に立っています。

 今回の改正案では、「介護保険法との整合性を考慮した仕組みを解消し、障害者福祉の原点に立ち返って抜本的な見直しをする」ことが強調されてはいます。財源確保と合わせ、社会保障制度全体の枠組みのなかで検討することが求められ、この際、わが国の障害福祉予算がOECD諸国の中でも極端に少ないことを踏まえておくことも重要です。

2. 障害の定義と範囲、障害程度区分

 障害者自立支援法の附則第3条では、「障害者の範囲」の見直しが明記され、参議院の付帯決議では、「発達障害・難病などを含め、サービスを必要とするすべての障害者が適切に利用できる普遍的な仕組み」へ向けた検討が求められていました。

 従前から日本の障害者の定義は狭く限定され、障害関係予算が抑えられていることが指摘されていました。また、機能的・医学的な側面を重視した「障害」認定であり、環境との関係や生活場面での支援の必要性という視点に乏しく、発達障害や難病などの課題は残されたままでした。

 改正案では、「発達障害者が障害者の範囲に含まれることを法律上明示」することが示されました。しかし、与党プロジェクトの見直しで「範囲」とされていた高次脳機能障害は、「通知等で明確にする」にとどまり、難病については全く触れられていません。現行の身体障害者福祉法では、腎臓や心臓の機能障害は「範囲」に含まれ、肝臓の機能障害や重症筋無力症などは除外されているという大きな矛盾があります。

 疾患や機能障害の違いで差別し、狭間を作っている制度は早急に改めることが必要です。さらに、従来からの懸案である、知的障害の定義についても何の方向性も示されていません。「抜本的見直し」とはほど遠い内容で、障害によるサービス格差はさらに広がると考えられます。

 また、介護保険法との統合を前提とする障害程度区分の判定は、機能障害に重きが置かれ、知的障害者や精神障害者の行動特性が反映されないコンピューター判定であると批判されてきました。それゆえ、法制定前から、「生活場面での支援の必要性」を的確に評価し、その結果に基づいて支給決定がなされるべき、との課題が指摘されていました。

 改正案では、名称も「障害支援区分」に変え、障害の多様性や心身の状態に応じて必要とされる支援の度合いを示す区分とすることが提案されました。評価できる方向性ですが、そのためには、「支援の必要性」を明らかにする新たなシステムの開発が求められます。相談支援事業の充実・強化、およびニーズ評価専門職の育成と権限付与、さらにサービス利用障害者の意見表明の仕組みの確立が必要となります。

 そして、客観的な評価基準の確立にあたっては、確実な実践を積み重ねるなかで、従来の方法にとらわれない柔軟な検討が求められます。欧米で実施されている支給決定システムが、日本で不可能なはずはありません。

3.相談支援事業と地域生活支援

 相談支援は地域生活支援事業の必須事業と位置づけられています。しかし、相談の拠点や担い手の資質に地域格差も大きく、障害者の地域生活を左右すると認識されながらも、具体性・実効性を欠いていたと言わざるをえません。

 昨年12月の障害者部会の報告では新たな提言が盛り込まれ、今回の改正案でも注目される方向性が示されてはいます。中心となる総合的な相談支援センターを市町村に設置する、自立支援協議会の法律上の位置づけを明確にする、支給決定前にサービス利用計画を作成し対象者も拡大する、などは期待されるところです。

 最大の課題は相談支援事業の担い手の資質が担保され、必要な権限が付与されるか、にかかってくると思われます。昨年12月の「報告」でも指摘されているように、ピアサポートの活用やセルフマネジメント・エンパワメントの実践を重ねるなど、当事者との協働がますます重要になってきます。このような人材の確保・養成のためにも資格化の検討や研修システム、待遇などについて更なる検討が求められます。

 そして、自立支援協議会が地域ネットワークの構築に確実に機能するか否かが問題です。ますます市町村の役割が重要となり、都道府県のバックアップ体制が問われます。地域性を尊重しつつ、相談支援事業を確実に進展させていくなかで、地域の社会資源の整備、特に障害者のニーズに的確に応えるサービスの拡充や開発を進めるために、モデル地区の設定などが求められます。

4.所得保障と就労支援

 自立支援法の成立時、附則第3条では「所得保障」を見直しの最優先課題と位置付けていました。今回の改正案では、所得保障について一言も触れられていません。財源確保の難しさから先送りされたと考えられます。2月の与党プロジェクトの「抜本的見直し」では、障害基礎年金の増額も提案されましたが期待はずれに終わりました。

 また、わが国には先進諸国に例のない「無年金障害者」が多数存在し、10年以上に及んだ訴訟は、今年3月17日の最高裁判決で終結となりました。一連の判決内容からも、障害者の所得保障の確立については、立法府の責任において取り組むべきとの司法判断が出されています。今回の改正案でも何ら改善策が示されていないことについて、これ以上看過することはできません。

「障害者も働ける社会に」という理念と、この間の就労移行の進展は評価できます。しかし、給与だけでは生活が成り立たない人もいますし、雇用に結びつかない障害者も数多く存在しています。国際的な流れからすると、障害者自立支援法の「自立」や「働くこと」は極めて狭く限定されていると言わざるをえません。ILOの勧告や条約で定められた「保護雇用」の具体化などについて、わが国でも真摯に検討していくことが求められます。

 JDは、2007年6月に「障害者の所得保障と就労支援に関する2007年提言」を発表しました。「所得保障政策の基本的な考え方」として、

1.成人期障害者に対する家族の扶養義務制度の廃止
2.障害者であるか否かにかかわらず、勤労所得が最低生活水準に満たないすべての者に対応する、基礎的で普遍的な所得保障制度を確立
3.障害ゆえの特別経費は個別的なニーズに基づき保障


の3点を指摘しています。移動支援や情報保障など、障害に固有なサービスに係る経費は、生活保護基準に上乗せして保障すべきと考えています。財源が厳しい時代だからこそ、最優先すべきは国民の「生活の安定」であると考えます。失業率が著しく高まり雇用環境が厳しさを増している現状から、社会保障の全体的な枠組みを検討するなかで、障害者の所得保障についても早急に方向性を示すことが求められます。

5.障害のある子どもの福祉

 障害者自立支援法は「年齢を超えた一元化」をうたい、障害のある子どもの福祉もその給付体系のなかに組み込みました。結果として、自立支援法のさまざまな問題が、そのまま子どもにも及ぶことになったのです。昨年12月の「報告」では、子どもの福祉は自立支援法になじまないという意見を取り上げ、児童一般施策との連携のもと、児童デイサービスや保育所での支援、放課後の支援などが「児童福祉法改正」として予定されています。

 改正案の具体的な問題としては、まず補装具や育成医療について何の改善策も示されていない点が指摘できます。さらに、児童福祉法改正案によって、障害児分野始まって以来といえる施設と制度の再編が予定されています。

 通園・入所それぞれの障害児施設について、障害種別を一元化し、通園施設と児童デイサービスを「通所支援」と一体化することが提案されています。実施主体を市町村とし、アクセスしやすい仕組みをつくるとしていますが、施設の一元化によって、子どもに必要な支援の質が高まる保証があるとは思えません。サービスの質を高め利用しやすい施設とするためには、まず、地域間格差の是正が求められ、そのための量的整備計画と児童福祉施設の最低基準を改善することが必要です。

6.障害者権利条約の批准と新たな法体系の確立

 2008年5月3日、障害者権利条約が発効し、わが国でも批准とその前提となる国内法の整備が検討されています。当事者中心で成立した条約の理念を具現化するためには、障害者基本法の改正にとどまらず、障害者差別禁止法の制定などが必要となります。こうしたなかで、障害者自立支援法の矛盾や課題を改める機運も高まっていくことでしょう。

 JDは、国際障害者年日本推進協議会として誕生した30年ほど前から、障害種別を超えた「障害者総合福祉法」の制定を主張してきました。今の国際的な流れからは、「障害者権利保障法」「社会サービス法」などの名称がふさわしいでしょうか。条約の批准と、その理念の実現のためには、「障害者自立支援法の改正」といった枠を超え、障害者の地域生活支援に関わる法体系の再編成が求められます。

 条約が主張するように、「権利主体である障害者」が、その自己実現と地域での自立を達成するために、必要な支援を明確に位置づけた法律の制定にこそ、エネルギーを費やすべきです。そして、このなかにモニタリング機関の設置など新しい視点も位置付け、障害当事者の役割を明確にすることも必要です。こうした検討を重ねることが、「法の枠内論議」に留まらない、「抜本的・解体的見直し」を実現することになるはずです。

以上、改正案についての見解を、ポイントを絞って整理しました。改正案では、新たな視点や評価できる方向性も示されてはいます。しかし、

 1.障害者の定義と範囲
 2.福祉人材の確保や安定した事業運営
 3.所得保障制度の確立
 4.障害関連予算の拡大

など、重要な案件ほど手つかずのままと言わざるをえません。これは財源確保の見通しがつかないからだと考えられます。「介護保険との統合」、といった論議が再燃することも十分予測されます。我々は今後、障害者福祉に焦点を置きながらも、社会保障制度全体、わが国の今後を見据えるという視点で、法体系そのものの在り方を考えていかなければなりません。

                                 以上


バックナンバー

2016.04.29
【告知】第14回きょうされん奈良支部総会
2015.11.03
【告知】平和学習会
2015.04.29
【告知】第13回きょうされん奈良支部 
2014.09.25
きょうされん奈良支部 奈良県への要望書
2014.08.20
第37次国会請願署名・募金 ご協力のお礼と審議の結果報告
2014.07.15
【奈良支部声明】精神障害者の福祉医療制度適用について
2014.07.11
【告知】 ホーム職員研修会
2014.07.04
【声明】 精神科病棟転換容認に強く抗議する
2014.05.19
【東京新聞 社説】 精神科病院 暮らしの場ではない
2014.04.29
【告知】 奈良支部総会のご案内
2014.03.11
★発刊★ 「鎮魂から復興へ」
2014.02.11
【告知】 支部学習会のご案内
2013.12.04
【声明】 障害者権利条約に恥をかかせないで
2013.11.26
●発刊● 障害のある人と ともにあゆむ 相談支援【KSブックレットNo.19】
2013.11.26
●発刊● 障害のある人が社会で生きる国 ニュージーランド
2013.11.05
きょうされん:生活保護制度をめぐる声明
2013.11.01
★告知★ 障害者・家族の権利を考える学習会
2013.10.02
【毎日新聞】 そこが聞きたい:保護費切り下げ審査請求
2013.09.03
【毎日新聞】 障害者:理解し、支える社会へ 特徴知って 
2013.08.28
【告知】障害がある人の人権と地域生活を考える関西フォーラム開催
2013.07.28
★告知★ 地域フォーラム開催します。
2013.07.18
【朝日新聞】 成年被後見人、取り戻した一票 投票して「すっきり」
2013.07.17
【読売新聞】 被後見人の選挙権、4訴訟和解へ…法改正受け
2013.07.07
★告知★ 「東日本大震災の今 ~福島からの報告」
2013.07.01
第36次国会請願運動 請願の結果ご報告とお礼
2013.06.26
第183回通常国会の閉会にあたっての声明
2013.06.20
障害のある人の生活を脅かす生活保護法改正に反対する声明
2013.05.11
★告知★ 第11回 きょうされん奈良支部総会 
2013.03.11
東日本大震災から2年を迎えての声明
2013.01.10
【毎日新聞】 障害者総合支援法:「難病」の対象範囲を限定
2013.01.10
★告知★ 全関西集会
2013.01.08
【東京新聞】 「国は合意守れ」 障害者自立支援法 違憲訴訟団が集会
2013.01.07
【毎日新聞】 障害者自立支援法:廃止求める元原告、約束順守求め意見書
2012.11.30
きょうされん  東日本大震災支援募金
2012.11.11
【奈良民報】 障害者の状況訴え行進や署名集め
2012.11.09
奈良県にきょうされん奈良支部が要望書提出
2012.11.03
【毎日新聞】 <就労障害者>公的支援含めても年収200万円以下99%
2012.11.02
【朝日新聞】 障害者権利擁護の藤井さん、国連機関からチャンピオン賞
2012.11.01
【毎日新聞 奈良】 障害者集会:就労条件の改善を 権利向上訴え行進
2012.10.31
★告知★ 障害のある人たちによる 10.31 奈良行動
2012.10.21
【朝日新聞】 難病支援 実態で決めて
2012.10.05
【東京新聞】 障害者福祉制度の対象外 病抱え生活 苦労訴え 当事者シンポ
2012.10.01
 ■日本の障害の重い人の現実■(きょうされん地域生活実態調査報告)
2012.10.01
【神奈川新聞 社説】 障害者差別禁止法 部会意見の最大尊重を
2012.09.29
●発刊● 共同作業所のむこうに −障害のある人の仕事とくらし
2012.09.16
★告知★ 《シンポジウム》「骨格提言」から一年 権利守れる障害者法を
2012.09.10
利用者部会「あかつき」ボウリング大会開催!
2012.09.01
■すべての人の社会「視点」 推進会議から障害者政策委員会へ■
2012.08.24
■障害に対する差別と偏見にもとづく大阪地裁判決に対する抗議声明■
2012.08.01
【北海道新聞 社説】 求刑超え判決 懲役は「隔離」のためか
2012.07.13
【毎日新聞】 「障害者権利条約」最大のポイントは?
2012.07.09
利用者部会「あかつき」 開催しました。
2012.07.02
【神奈川新聞 社説】 障害者総合支援法 抜本改革の努力継続を
2012.07.01
■すべての人の社会「視点」 折り返し点にあたって■
2012.06.26
【山陽新聞】
2012.06.20
■ きょうされん:今般の障害者総合支援法の成立に抗議する ■
2012.06.20
■ JD:抗議声明 障害者総合支援法の可決・成立に強く抗議する ■
2012.06.20
【毎日新聞】 障害者総合支援法成立:政治主導の挫折…関係者失望
2012.06.20
【毎日新聞】 障害者総合支援法成立:サービス利用料無料化見送り
2012.05.24
【朝日新聞】骨抜きにされた自立支援法見直し
2012.05.19
★告知★ 第10回 奈良支部総会
2012.05.16
★告知★ 「基本合意、やぶるなんて許さへん!」集会
2012.05.14
利用者部会「あかつき」 開催
2012.05.12
【毎日新聞】 現場発:民主の総合支援法案に幻滅
2012.05.01
■ すべての人の社会「視点」=「うそつき」 ■
2012.04.28
★告知★ 「大災害で明らかになったこと」講演案内
2012.04.27
【朝日新聞】 働く障害者の56% 年収「100万円以下」
2012.04.15
地域フォーラムII 「私たちからの発信〜こんな新法を願います〜」
2012.04.15
★告知★ 地域フォーラムII in 奈良市役所 正庁の間
2012.04.13
【朝日新聞】 障害者総合支援法案成立見通し
2012.04.13
【毎日新聞】 障害者2法案が成立へ
2012.04.07
「あかつき」結成式 〜全国からのメッセージ〜
2012.04.07
利用者部会「あかつき」結成式 報告
2012.04.07
利用者部会「あかつき」 結成アピール
2012.04.04
あかつき結成式 旗完成
2012.04.04
利用者部会「あかつき」 旗づくり
2012.04.01
■ すべての人の社会に「視点」 肝心なのは社会全体とのねじれ回避 ■
2012.03.30
「障害者総合福祉法制定を求める意見書」 採択状況
2012.03.18
★告知★ 地域フォーラムIIプレ企画 in 奈良教育大学付属小学校
2012.03.15
●発刊● 「満天の星空」−障害のある人たちの東日本大震災
2012.03.13
■ きょうされん:障害者総合支援法案に関する見解 ■
2012.03.13
■閣議決定・国会上程に対する訴訟団抗議声明■
2012.03.13
【毎日新聞】 障害者総合支援法案:閣議決定 元原告・訴訟団は批判
2012.03.13
【読売新聞】 障害者支援法廃止見送りに「納得出来ぬ」訴訟団
2012.03.13
【日本経済新聞】 障害者支援法の改正案を閣議決定 難病患者も対象
2012.03.13
【中国新聞】 自立支援法改正案を閣議決定 厚労相、事実上の廃止と強調
2012.03.11
■ 3・11 あの日から一年 きょうされん声明 ■
2012.03.11
NHK-Eテレ「東日本大震災1年」に藤井克徳氏出演
2012.03.07
【神奈川新聞 社説】 「改正案」は物足りない
2012.03.06
【産経新聞 奈良】 自立支援法改正案に抗議 奈良の訴訟団
2012.03.06
【愛媛新聞 社説】 障害者自立支援法 理念も約束もほごにした政官
2012.03.05
【高知新聞 社説】 自立支援法 国は廃止の約束を守れ
2012.03.05
【時事通信】 「国は基本合意順守を」=自立支援法訴訟元原告ら抗議
2012.03.05
【読売新聞】 「国が約束破るとは」障害者自立支援法巡り抗議
2012.03.05
【毎日新聞】 改めて廃止訴え 元原告、全国で会見
2012.03.05
■全国一斉記者会見■ 元原告 小山冨士夫氏発言原稿
2012.03.05
【中国新聞 社説】 障害者支援の行方 公約違反 繰り返すのか
2012.03.04
【北海道新聞 社説】 障害者支援法 「改正」では約束が違う
2012.03.02
【中日新聞 福井】 だまされたのと同じ 障害者自立支援法改正案
2012.03.01
■ すべての人の社会「視点」 骨格提言のこだわりで正道を ■
2012.03.01
【埼玉新聞】 自立支援法、廃止せず改正案了承に怒りの声
2012.03.01
【東京新聞】 障害者支援法、廃止せず 改正案で民主 原則無料化見送り
2012.03.01
【毎日新聞】 民主党厚生労働部門会議:障害区分見直し「3年で」
2012.02.29
【中日新聞】 障害者支援法の改正案了承 民主、廃止・無料化見送る
2012.02.29
■ 障害者総合支援法案への日本障害者協議会(JD)の見解 ■
2012.02.29
【毎日新聞】 障害者支援:区分見直し前倒し
2012.02.29
【埼玉新聞】 県内障害者ら国の「裏切り」に怒り
2012.02.29
【京都新聞】 京で関西集会 厚労省案再考訴え
2012.02.29
★告知★ 全関西集会 〜総合福祉法を!〜
2012.02.28
【奈良新聞】 当事者の意見が反映されるよう求める
2012.02.27
■JDF:障害者総合福祉法(仮称)の制定に関する緊急の質問と重点要望■
2012.02.27
【神戸新聞 社説】 障害者支援法/到底納得できない内容だ
2012.02.23
【信濃毎日新聞】 廃止と新法制定が筋だ
2012.02.22
【読売新聞】 「障害者生活総合支援法」…自立支援法改め
2012.02.22
【東京新聞】 障害者阻む自立支援法が延命?
2012.02.22
【西日本新聞】 自立支援法 厚労省改正案再検討を
2012.02.21
【毎日新聞】障害者支援の新法案:民主WTが内閣府の部会提言に意見
2012.02.20
【山陽新聞 社説】自立支援法見直しに政治は責任持て
2012.02.19
【中日新聞 福井発】 新法素案に反対の声 
2012.02.16
【神奈川新聞 社説】 障害者総合福祉法 提言の無視は許されぬ
2012.02.15
■ 日本弁護士連合会 会長声明 ■
2012.02.13
利用者部会準備会「あかつき」報告
2012.02.10
【読売新聞】 障害者自立支援法の廃止、訴訟原告団が申し入れ
2012.02.09
【毎日新聞】障害者自立支援法:廃止申し入れ…元原告団が厚労省に
2012.02.09
【中国新聞 社説】 支援法、見当たらぬ政治の反省
2012.02.08
【産経新聞】 自立支援法の改正案、難病患者も対象 本格見直し先送り
2012.02.08
【毎日新聞】 障害者新法:厚労省法案概要、内閣府部会が反発
2012.02.08
■ 第19回総合福祉部会 福島智委員 発言メモ ■
2012.02.07
【毎日新聞】 障害者支援:新法案も「原則無料」見送り
2012.02.07
【中国新聞】 障害区分、5年で見直し 厚労省、自立支援法の改正案
2012.02.01
■ 廃止は自明ではなかったのか(下) ■
2011.12.19
■ 廃止は自明ではなかったのか(上) ■
2011.12.12
利用者部会準備会「あかつき」を開催しました。
2011.12.09
がんばるデー2011 開催しました。(2)
2011.12.09
がんばるデー2011 開催しました。(1)
2011.11.14
あかつき学習会 「一人暮らしについて」
2011.10.28
10.28 JDF大フォーラム
2011.10.23
第34回 全国大会 報告
2011.10.19
ひまわりプロジェクトに参加!
2011.10.03
10.3 利用者部会準備会「あかつき」を行いました。
2011.09.10
★告知★ 9.10(土)に支部セミナー開催します。
2011.08.30
【朝日新聞】 障害者福祉サービス、原則無料に 総合福祉法の素案
2011.08.08
利用者部会準備会「あかつき」活動報告
2011.08.07
■ 改正障害者基本法の評価(下) ■
2011.08.07
■ 改正障害者基本法の評価(上) ■
2011.08.06
【神戸新聞 社説】 障害者基本法/理念を施策に生かさねば 
2011.08.01
【山陽新聞】 障害者基本法 「共生」へ実効ある改革を
2011.08.01
【毎日新聞】 改正障害者基本法:「社会のバリアー排除」成立
2011.07.29
【朝日新聞】 改正障害者法きょう成立
2011.06.27
利用者部会準備会「あかつき」を行いました。
2011.05.26
全国総会、国会請願行動に参加しました。
2011.05.24
■ JDF:障害者基本法改正への要望 ■
2011.05.21
第9回 きょうされん奈良支部総会 報告
2011.05.21
★告知★ きょうされん奈良支部総会を開催します
2011.04.26
【奈良新聞】被災障害者支援を−権利確立へ署名活動
2011.04.25
第2回街頭署名・募金活動を行いました。
2011.04.18
利用者部会の名前が「あかつき」に決まりました。
2011.04.01
●発刊● 明日をひらく言霊 〜調一興著作選集〜
2011.03.25
震災募金と街頭署名を行いました。
2011.03.19
【報告】 「障がい者制度の改革を推進する地域フォーラム・奈良」
2011.03.19
★告知★ 「障がい者制度の改革を推進する地域フォーラム・奈良」開催案内
2011.03.14
東日本大震災の被災作業所・施設にご支援ください。
2011.03.04
■ 障害者基本法の抜本改正についてのJDF統一要求書 ■
2011.01.18
近鉄奈良駅前で、今年初の街頭署名!!
2011.01.15
第3回きょうされん全国利用者学習交流会に参加して
2010.12.14
【読売新聞】 障害者自立支援法 どう変わる 自閉症なども支援対象に
2010.12.05
【朝日新聞】 障害者の自宅介護、9割が親頼み
2010.12.03
【中国新聞】 首相、正念場の予算編成 臨時国会閉幕
2010.12.03
【毎日新聞】 障害者自立支援法:参院で改正案可決・成立
2010.12.03
【産経新聞】 障害者自立支援法改正案−成立
2010.12.03
がんばるデー 12月3日
2010.11.28
■ 障害者自立支援法「改正」法案は参議院で廃案にしてください ■
2010.11.22
第2回利用者部会準備会開催
2010.11.18
【毎日新聞】 つなぎ法案、衆院委可決 負担、支払い能力に応じ
2010.11.18
■ 障害者自立支援法「改正」案の衆議院可決にあたっての声明 ■
2010.10.23
●発刊● 「見えないけれど観えるもの」 藤井克徳 著
2010.10.05
冬物販試食会開催/10.5
2010.09.13
きょうされん奈良支部利用者部会準備会開催
2010.09.10
【朝日新聞】 障害者自立支援法訴訟、和解 元原告ら、闘いを本に
2010.08.30
【朝日新聞】 障害者福祉サービス、原則無料に 総合福祉法の素案
2010.08.22
【毎日新聞】 「奈良・障害者自立支援法訴訟の闘い」発行−勝利めざす会
2010.08.20
●発刊● 奈良・障者害自立支援法訴訟の闘い 真の自立をめざして
2010.08.02
【毎日新聞】 障害者支援法改正案:与野党に再提出しないよう声明
2010.07.26
【毎日新聞】 障害者総合福祉法:サービス無料に 内閣府部会が提言素案
2010.07.22
【朝日新聞】 地域主権法案 障害者福祉に格差出ないか
2010.06.28
奈良市友愛バス事業を事業仕分けしないで!拡充こそが時代の流れ
2010.06.26
【朝日新聞 奈良】 自立支援法 実現なき「廃止」戸惑い
2010.06.11
【東京新聞】 障害者自立支援法 改正法案に『裏切り』の声
2010.06.05
「ふるさとをください」の上映活動に携わって
2010.05.28
【毎日新聞】 障害暫定改正法案:衆院委で可決…発達障害も対象に
2010.05.28
【朝日新聞】 障害者の負担軽減へ 自立支援法改正、今国会成立見通し
2010.05.08
第8回 きょうされん奈良支部総会
2010.04.21
【共同通信】 首相、障害者差別禁止法に意欲 自立支援法訴訟終結で
2010.04.21
【毎日新聞】 障害者自立支援法:「机上の空論作らぬ」定期協議で厚労相
2010.04.19
【東京新聞 社説】 障害者自立支援 権利と尊厳を守り抜け
2010.03.30
【読売新聞】 自立支援法和解成立 原告・小山さん「支援に感謝」
2010.03.30
【朝日新聞】 自立支援法訴訟、奈良地裁で和解成立
2010.03.30
【毎日新聞】 自立支援法訴訟で和解 施設スタッフ・研修に励む小山さん 
2010.03.30
【奈良日日新聞】 自立支援法違憲訴訟 地裁で和解が成立
2010.03.29
【毎日新聞】 自立支援法訴訟:「二度と苦しめないで」 地裁で和解成立
2010.03.29
【産経新聞】 障害者自立支援 奈良地裁でも和解
2010.03.29
★告知★ 第4回 自立支援訴訟和解期日案内
2010.03.14
★告知★ 新法セミナー開催します!!
2010.03.06
★告知★ NHKハートフォーラムのご案内
2010.02.27
【朝日新聞】 障害者負担なお重く 今春から暫定の軽減措置 
2010.01.13
【朝日新聞】 夏めどに制度案の骨格 改革推進会議が初会合
2010.01.08
【毎日新聞】 自立支援法訴訟:終結へ 厚労相「障害者尊厳傷つけた」 原告と合意
2010.01.08
【朝日新聞】 障害者支援訴訟、終結へ 3年内に新制度、国と合意
2010.01.07
★☆★ 基本合意文書 ★☆★
2009.12.08
【毎日新聞】 政府:障害者制度改革本部設置を閣議決定
2009.12.08
【読売新聞】 「障がい者制度本部」を設置…障害の表記見直しも
2009.12.01
■ 「新たな総合的な制度の検討」についての意見 ■
2009.11.17
第9回 さっこり展(染織展示会) ご案内
2009.10.27
ぽらりすに自販機が設置されました
2009.10.01
冬物販試食会開催
2009.09.19
【毎日新聞】 障害者自立支援法:廃止へ 厚労相、新制度に着手
2009.09.18
■ 自立支援法の廃止と新法制定についての基本姿勢と主要論点 ■
2009.09.14
自立支援法訴訟第二回公判&交流会
2009.09.14
★勝利をめざす奈良の会 準備会★ のご案内
2009.08.31
天理革細工セミナー
2009.08.28
障害者自立支援法 違憲訴訟 勉強会を開催
2009.08.11
自立支援法違憲訴訟 研修のお知らせ
2009.07.27
【福祉新聞】 障害者自立支援法改正案など 衆院解散で廃案に
2009.07.23
自立支援法訴訟 第1回公判がありました
2009.07.16
【読売新聞】 作業所、新事業に活路 
2009.07.14
■ 第1回裁判 口頭弁論 原告本人陳述 ■
2009.07.14
自立支援法 奈良訴訟 第1回公判決定!!!!
2009.07.04
ぽらりす新商品続々入荷♪♪
2009.06.29
TOMO市 チラシ♪
2009.06.11
2009年6月〜2010年5月まで
2009.05.24
第7回 きょうされん支部総会のご報告
2009.05.24
支部総会へのメッセージが届きました。
2009.05.24
★告知★ 5月24日 きょうされん総会のお知らせ
2009.05.19
■ JD:「自立支援法改正案」に対する意見 ■
2009.05.14
■ 障害者自立支援法見直し法案についての見解 ■
2009.04.11
「大和郡山で上映会が終わりました」
2009.04.02
【毎日新聞】 障害者自立支援法訴訟:原則1割負担の廃止求め提訴
2009.04.01
4月1日 障害者自立支援法 第2次提訴へ
2009.03.07
「ふるさとをください」大淀上映会が終りました。
2009.03.07
「せんとくんin大淀上映会」
2009.03.07
★告知★ 「ふるさとをください」上映会&「麦の郷」講演会in大淀
2009.02.28
『障害者問題研修会』のご案内
2009.02.17
★告知★ 映画 「ふるさとをください」上映会のご案内
2009.01.29
「ふるさとをください」 In 大和高田市
2009.01.18
「ふるさとをください」 In 王寺町
2008.12.20
山添村 「ふるさとをください」 上映会 終わりました。
2008.12.19
天理 「ふるさとをください」 上映会が終わりました。
2008.12.19
映画 『ふるさとをください』 情報 更新しました!!
2008.12.13
「ふるさとをください」 今後の予定を更新しました!
2008.10.23
障害のある人たちの働く場・作業所の商品が全国から集まるネットショッピングモール
2008.10.18
ふぁーちぇ 朝日新聞に掲載!!
2008.09.21
『ふるさとをください』 上映会アンケートの結果はこちら
2008.09.21
「ふるさとをください」奈良県文化会館での上映会、無事終了いたしました。
2008.09.21
今週日曜日は・・・「ふるさとをください」上映会
2008.09.11
「ふるさとをください」上映会まであと少し・・・
2008.09.06
「ふるさとをください」奈良市上映会・情報更新しました
2008.08.30
事業所紹介に新規追加 たけのこ園
2008.08.30
第4回作業所まつり
2008.08.27
平成21年度県予算要望活動について
2008.08.21
映画「ふるさとをください」 上映情報!
2008.08.06
■ 障害者自立支援法の見直しに向けての意見 ■
2008.07.15
きょうされん30周年記念映画「ふるさとをください」奈良での上映運動がいよいよスタート!!
2008.07.12
きょうされん奈良支部ニュースを発行しました!
2008.06.24
コップと雑貨のお店 ぽらりす
2008.06.10
●発刊● 「共同作業所のこころと実践」 立岡晄 著
2008.06.06
こッからのホームページがリニューアルしました
2008.05.28
第31回きょうされん総会と第31次国会請願運動
2008.05.27
国会請願に行ってきます!!〜みんなの思いを届けよう〜
2008.05.24
いよいよ24日に総会を開催します
2008.05.24
第6回きょうされん奈良支部総会 開催のお知らせ
2008.04.01
事業所紹介ページを更新
2008.03.18
きょうされん30周年記念映画「ふるさとをください」全国縦断上映開始!!
2007.12.12
支部ホームページ
0000.00.00
【朝日新聞】 障害者自立へ、改革注目 「1割自己負担」廃止合意1カ月